よくある質問

 

■その他について

■その他について
 
2000万円位で家は建ちますか?
住宅の価格は大変解り難い点が多いので『本当はいくらかかるの?』などと聞かれる事が有ります。建物本体の価格は計算し易いのですが、住む為に必要な経費が割と大きな金額になってしまう事が多く、坪○○万円と言われたけど実際に払った金額は300万円も多かったなども良く聞きます。実際に2000万円で建てたいとお考えならそれを建築屋に正直に伝える事です。会社によって仕様が異なりますので、その会社なりの提案が出てくると思います。手持ち資金とローンや援助金など資金の総額を先ず掴んで、付随する費用を引き算して実際に建築に掛けられる金額を把握し、建築会社に相談して、提案された物がお客様のお好みの物で有ればそこにお願いすると良いと思います。
勿論 けんそうの家では2000万円で家が建ちます。
 
御社が考える理想の家づくりとは?
一言で言うと「幸せになる」ための家づくりです。
私たちは「家づくり」を通して幸せになるためのお手伝いをさせて頂いております。家づくりと真剣に向き合い、何度もご納得のいくまでお客様と打合せを重ね、ご満足のいく家づくりをサポートさせて頂いております。
 
住みながらリフォーム・リノベーション工事はできますか?
これも多いご相談です。工事の内容や規模、請け負う会社さんのスタイルによっても変わりますが、住みながらのリフォームやリノベーションも可能です。ただし、キッチンやお風呂などの水回りの工事の際、数日間キッチンやお風呂をご利用頂けない場合もございます。そのため、そういった時にどう対処するか(例えば、数日、入浴の際は近くの温泉施設を利用するなど)を考えておく必要がございます。

また、工事内容や規模によっては、仮住まいが必要になる場合もございますので、担当する住宅会社さんと段取りや費用面を入念に打ち合わせしておく事も大切です。

 
予算内で理想の住まいを実現させるには?
お住まいの計画を建てるのは、ご家族の理想が膨らんで楽しいものですよね。しかし、理想を全て実現しようとすると、なかなか希望の予算内で収めるのが難しいものです。このような場合、まずは、金額的なところを考えず、ご家族皆さんの理想を挙げれるだけ挙げてください。

難しい事は考えず、例えば・・・

「こんなオシャレなペンダントライトをダイニングにつけたい!」

「狭くてもいいから書斎が欲しい!」

「内装の壁は漆喰がいいなぁ!」

と言ったようにご家族がリフォームやリノベーションで実現したい事を挙げていきます。

実現したい事の候補が挙がってきたら、次はその候補に実現したい順番に優先順位をつけていきます

ここから先は、私たち住まいのプロの手腕の見せ所です。お客様のご要望と今のお住まいの状況、そして予算を考えながら、予算内での理想の住まいの実現に向けて御提案を致します。お客様自身が理想の住まいで何を実現したいのか、意外とお客様自身が見えていないものです。まずは、それを明確にされると成功への第一歩になると私たちは考えます。

 
お客様に対し、心がけていることはありますか?
家づくり、それは無の状態から創り出すこと。だから、なかなか相手に思うように伝わりにくいですよね。そこで私たちは3Dパースを使って形に表すことにより、具体的にイメージしていただけるよう心がけております。
また、お客様が気軽に相談しやすいように、女性スタッフを多くそろえて皆様をお待ちしております。
 
アフターフォローはどんなことをしていますか?
引越し後の定期点検やイベント、社内誌を発行してお客様と触れ合う機会を増やし、お客様が小さなお困りごとでも相談できるような環境づくりに努めております。SNSを活用した新しい情報の提供も行っております。 
 
キッチンの持ち込みは可能ですか?
基本的には受け付けておりません。キッチンの工事にはキッチン本体の設置だけでなく、電気工事や水道工事など様々な工事が関わって来ますので保証の関係から、キッチン本体のみ施主様支給で工事は当社、というのは お受けしておりません。万が一不具合が生じた場合、責任の所在がはっきりしなくなり保証してもらえないなど、一番困ってしまうのはお客様という事になりかねないからです。ただ、材工で施工してくれる業者さんでしたら可能な場合もありますので、ご希望を担当者へご相談下さい。

また同じ理由でユニットバスの持ち込みもお受けしておりません。
 
キッチンは他のメーカーも選べますか?
選べます。他のメーカー品を使用する際は早めに担当者にお知らせください。
 
コーディネーターさんはいますか?
はい。コーディネーターは現在2人おります。
お客様のご要望をくみ取りそれぞれのお客様に合ったご提案をさせていただいております。こんなのを探していた!気持ちがわかってもらえた!等、 嬉しい声をたくさんいただいております。
 
マイホーム計画の第一歩としてやるべきことは?
マイホームの建築には、実際の住宅建築費用のほか、土地購入代金・地盤改良・ローン保証料・引っ越し費用・外構工事費用等さまざまな費用がかかります。これらの諸費用がトータルでいくらになるのか、そしてそのご予算内でどんな家が建てられるのかを、最初に明確にしておくことが大切だと思います。注文住宅でお客さまが一番ご心配になられるのは、追加、追加でどんどん建築費がかさみ、最終的にはいくらになるのか?ということです。
そこで「例えば4000万円のご予算ならこの家が建てられます!」と最初にご提案させていただくのです。家づくりで一番不安になられる資金の問題をクリアな状態にして、それから先はワクワクしながらマイホームのプランに入っていただく。夢の請負人である我々営業マンとお客さまの間で、しっかりした信頼関係を築く第一歩でもありますし、最も重要なことの一つと考えています。
 
建ぺい率について教えて下さい
お客様が土地の購入をご検討されている時に「建ぺい率」という言葉が出てくると思います。建ぺい率とは、都市計画で用途地域毎に30% - 80%の範囲で制限が決められています。建築基準法上、原則として指定建ぺい率を上回る建築面積の建物を建ててはならないことになっています。例えば、100坪の土地で建ぺい率が60%の地域の場合、最大60坪(100坪×60%)の建築面積の建物を建てることができます。
 
持ち込み料はかかりますか?
かかりません。ただ、取付料は別途かかります。
詳しくは担当者までお問い合わせください。
 
昼白色と電球色、どちらがいいですか?
 それぞれに良さがあるので一概にどちらがいい、とは答えづらいです。

使用する場所、どのような雰囲気にしたいか等、用途に合わせた選択をされるといいと思います。

 

【参考までに】
○昼白色 くせの少なく自然な色合いです。 イメージでいうと、いきいきとした明るさです。汎用性が高くもっとも一般的です。
○電球色 赤みを帯びた光は気持ちを落ち着けリラックスさせる効果があるので、お部屋でリラックスしたい方にはこちらがおすすめです。料理をおいしく感じさせる効果があると言われています。

また、今はLEDの調色タイプのものでどちらの色も楽しめるものがあります。

 
無垢の床の家に住んでみての評判は?
お客さまからは、ついついスリッパを履かずに裸足で歩いてしまうと、触り心地のよさやその高級感に好評をいただいています。無垢材は、合板やタイルなどに比べ熱伝導率が低く、断熱性も高いため、冬場にヒヤッとした冷たさを感じにくいのも特徴です。接着剤の使用も一切ないので、アレルギーが心配な方にも安心してお使いいただけます。
<<株式会社 長崎建創>> 〒854-0062 長崎県諫早市小船越町1005-5 TEL:0957-24-6678 FAX:0957-24-6676