本文へ移動

地熱発電

地熱発電とは

再生可能エネルギーとして新たに注目を集めているのが地熱発電です。ほかの発電方法と比べるとまだメジャーとはいえませんが、エネルギー資源の少ない日本においては水力と同様に貴重な純国産エネルギー資源として知られています。

発電のしくみ

地熱発電しくみ
地球の内部で生成され、そして蓄えられている地熱をエネルギー源として発電します。地熱によって発生した天然の水蒸気を用いてタービンを回し電力を作るというしくみをとっています。
 
純国産エネルギーであることや、二酸化炭素の排出量が少なく環境に優しいなどといった特徴があります。
地熱は火山活動のあるところに生じやすいので、日本では火山の多い東北地方や九州地方に地熱発電所が集中しています。地熱発電で最も多くの電気を生み出している国はアメリカです。カリフォルニアやハワイなどが中心となっています。

地熱発電のメリット

・公害を発生させないこと
・再生可能なエネルギーであること
・純国産のエネルギー資源であること
・化石燃料のように枯渇の心配がないこと
・季節の変化による影響を受けにくいこと
 
最も優れているメリットは環境性能です。蒸気を発生させるのに化石燃料を必要としないため、二酸化炭素の排出量がとても少ないです。
また、火山がたくさんある日本にとって大きな電力を生み出せる可能性の高い方法であるという点も魅力的です。
 

自然の蒸気を利用する地熱発電の仕組み

蒸気を利用する地熱発電
①生産井(貯留層)から噴出した蒸気と熱水を分離します。蒸気はタービンへ送られ、熱水は還元井より再度地中へ注入・還元されます。
 
②蒸気エネルギーでタービン・ローターを回します。
 
③タービンで得られた回転エネルギーを電気エネルギーに変換(発電)します。
 
④タービンで仕事をした排気蒸気を、冷却塔からの水で冷やし、凝縮して再度水に戻します。
 
⑤復水器から送られた温水を冷却し、システム全体の冷却水をつくります。冷却水は復水器などを冷却して、再度冷却塔へ送られ再利用されます。余った水は還元井より地中へ注入され、地中の熱により再び蒸気となり循環再利用されます。
2018年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 定休日
0
3
1
2
1
3
TOPへ戻る